住宅ローンを組まれる時の登記

= 抵当権設定登記をします

住宅ローンを組まれた金融機関等に対して、不動産(土地・建物)を担保に入れたことを明らかにするために行う登記です。

金融機関或いは仲介不動産業者から司法書士から紹介されることもよくありますが、基本的には、住宅ローンを組まれる方が指定できます。

なお、登記簿上のご住所・お名前と住民票・戸籍上のご住所・お名前が違っている場合には、この抵当権設定登記の前提として、住所・氏名の変更登記(⇒詳細は、こちら)が必要になります。
= 抵当権設定登記をします

住宅ローンを組まれた金融機関等に対して、不動産(土地・建物)を担保に入れたことを明らかにするために行う登記です。

金融機関或いは仲介不動産業者から司法書士から紹介されることもよくありますが、基本的には、住宅ローンを組まれる方が指定できます。

 

なお、登記簿上のご住所・お名前と住民票・戸籍上のご住所・お名前が違っている場合には、この抵当権設定登記の前提として、住所・氏名の変更登記(⇒詳細は、こちら)が必要になります。

抵当権設定登記の必要書類

 

金融機関等でご準備頂ける書類
@ 登記原因証明情報(抵当権設定契約証書など)
A 資格証明書(作成後3か月以内のもの)
B 委任状

 

依頼者側でご準備頂く書類
@ 登記済証or登記識別情報通知
A 印鑑証明書(作成後3か月以内のもの)
B 委任状(金融機関等にてご準備頂けない場合には、当事務所にてご準備させて頂きます)

 

▲Page Top