土地・建物を相続される時の登記

= 所有権移転登記をします

 

土地・建物を所有されていた方がお亡くなりになった場合に、その土地・建物の相続登記をしなければならないという義務はありません。
しかし、そのまま何もせずに放置しておくと、以下のような困ったことが起こります。

@ 役所での保存期間経過により、出生まで遡る書類が揃わない
A 相続人もお亡くなりになって、さらにその相続人にご署名・ご捺印を頂かなければならない
B そもそも相続人がどこにいらっしゃるか分からない

 

従って、なるべくお早目に相続登記のお手続きされることをお勧めします。


 

所有権移転登記(相続登記)の必要書類

お亡くなりになった方
@ 出生〜死亡するまでの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍
A 住民票の除票or戸籍の附票
(住民票の除票については、本籍・続柄の記載のあるものが必要です)

 

相続人全員
B 遺産分割協議書(当事務所にてご準備させて頂きます)
C 現在の戸籍謄本
D 印鑑証明書

 

不動産を相続される方のみ
上記BCD+
E 住民票
(住民票については、本籍・続柄の記載のあるものが必要です)
F 委任状(当事務所にてご準備させて頂きます))

G 不動産の固定資産評価証明書
H 登記済証(権利書)or課税明細書
(Hについては、不動産を特定するためにお持ち頂きたい書類です)

 

▲Page Top